パーソナル英語コーチング募集 残9月1人、残10月2人です。

子どもの本音が出やすい関わりを意識できていますか?

『僕、ちょっと小さくなりたいんだよ』

息子(8歳)が学校から帰宅後に何気なくつぶやいた言葉。

私『小さくなりたいの?どうして?』

息子『そうすれば、みんな興味を持ってくれるから。小さい子だったら〇〇ちゃーん!って皆みてくれるでしょ?』

おやつのたい焼きを頬張りながら言うのでした。

 

おお~そうか、そうか、そんな風に感じていたか。

 

小学生に上がり殆ど自分の事は自分で行うようになり、

行動や言葉も大人びてきて、

ずいぶん成長したなぁなんて思っていたけれど

甘えたい、自分を見てほしい気持ちは変わらないよね。そうだよね。

 

なかなか自分の気持ちを表現するのが上手ではない彼なりに、

気持ちをそっと出してくれたことが嬉しかったのでした。

 

息子はどちらかというと穏やかで育てやすい子と言われてきました。

イヤイヤ期も癇癪もそれほどなく、聞き分けも比較的良い方なんだと思います。

 

でも 本当に「育てやすい子」なのだろうか?

何か見落としてるのかもしれない。

もしかしたら本当の姿をみせてくれていないのかも。

そんな不安が漠然とあり、

周りに『育てやすくていいねえ』と言われる度にモヤモヤし、

正直自分の子育てに全く自信が持てませんでした。

 

息子にとって安心感のある関わりが出来ているか?

出来ていないかも。。だって子育てなんて全部初めてで何が正解か分からない。

こりゃ困った!というような大きな問題は今までなかったけれど、

私の関わりが息子の成長に大きな影響を与えているのはものすごく感じる(ここ数年特に)

1度しかない子育て、しっかり子供と向き合いたい。

ではどうすれば?? と思い学び始めたのがマザーズコーチングでした。

 

表に出さない分、言葉や表情には出てこない部分を見てあげること。

言葉の出やすい雰囲気を作ること。

息子の視点で物事を見る事。おとなしい子、育てやすい子とは決めつけない事。

そのあたりを見直していくと、

今では、息子、めちゃくちゃ難しいな~!と感じてます。

本音をなんでも口に出す事をしないですし、感情の表現も緩やか。

心の動きに意識せずこのまま接していたら、知らず知らずのうちに心を閉ざしていたかもしれないなぁと

言葉や行動に出てくるものって、それが全てでは無いですし、

そのうしろにある気持ちや、出てこなかった部分を意識できるか?が実は大切なんだよなと。

そんなの分かってたはず、それなのに忙しさを理由に見逃してきた。

思春期に突入するであろう、これからを思うと、今のタイミングでマザーズコーチングに出会えて良かったなと思えたのでした。

まだまだ私もお母さん8年目。まだまだ学ぶ事が沢山ありそうです。

 

今回のポロっと出てきた 息子の言葉は、なんだか愛おしくて、嬉しくて

少しだけ、以前よりも寄り添う事ができているのかも。と思えたのでした。

 

今回こんなお話をしたのは、

このブログを読んでくださる方の中にはパパやママも多いかと思います。

子どもとの関わりを考えるコーチングも提供していますので、ご興味がある方は

こちらも見てみてくださいね。

 

マザーズコーチングスクールは

親と子のコミュニケーションを見つめなおし、

信頼関係の築き方を考えていく講座です。

自分の子育てこのままで良いのかな?と思ったり、

大きな不安が無くとも、毎日の子育てをより楽しみたい。

子どもの成長を精一杯応援したい。

そんなパパママの毎日を見守り、

きっとこれからの子育てのお守りになる講座です。

 

 

 

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました