【30分無料相談受付中】パーソナル英語コーチングの11月期スタートは残り1名様となります。(お急ぎの場合はご相談ください)

コーチング

「コーチング」とは何か?

 

「コーチング」に関してはたくさんの書籍が本屋にも並んでいて、その定義は、

『前に進むため、行動を促進させるためのコミュニケーション』

であったり、

『対話によってクライアントが目標達成に必要なスキルや知識、考え方を備え、行動する事をサポートするプロセス』※1

であったり、様々です。

 

やりたいと思っても

世間体を気にしたり、自分の力を信じ切れず、または時間、お金、経験、自信、人脈が無いからと

行動できなかったり、続かなかったり、諦めてしまったり、そんな事が大いにあると思うのです。

過去の私はそうでした、小さな子供がいるから、時間が無いから、女だから、いろんな思い込みに縛られて行動できずにいたんです。

分かっているけど行動出来ない 

そんな気持ちと行動のその間に溝に橋をかける

行動に導くためのスキルがコーチングなんです。

私はコーチングに出会たのはつい最近ですが、正直もっと早く出会っておけば良かった!

もっと行動が加速していたかもしれない!!と思っています。

 

私がコーチングをする理由

外出するときに外着に着替えて、帰宅をするとリラックスできる部屋着に着替える様に、少なからず、人は今いる環境やシーンに合わせて、自分の仮面を付け替えて生活しています。

・父として、母として、夫として、妻として、男として、女として

・上司として、部下として、経営者として

その場の雰囲気や調和を保つためであったり、自分や誰かを守るためにだったり。

それ自体は悪い事ではありませんが、本人も気付かぬうちに、それに囚われてしまう事があります。

本当にありたい姿や、やりたい事、伝えたい事を、我慢したり、必要以上に周りに合わせてしまったり。

その生活になれてしまうと、やりたい事があっても、いつしかどうせ無理だろうとか、私には必要のない事とか、もう歳だしなと諦めたり、ちょっと脇に置いて生活するようになります。

また、社会の枠に決められた『~べき』という世間体に振り回されたり、

立場や年齢や性別を理由に何かを諦めたりすることもあります。

そんな風に、知らず知らずのうちに自分に枠を作ってしまうオトナや子どもを解放して
人生を楽しむ人を増やしたい。
握りしめている~べきという思い込みを手離し楽に生きられる人を増やしたい。
そう思ってコーチングをしています。

 

コーチングを通して実現したい事

本当にやりたかった事に、自分も周りの人も犠牲にする事なく打ち込めるようになる。

どんな事にも間違いや失敗を恐れず挑戦できる人が増える。

そんなオトナがひとりでも増えたらいいなぁと思ってコーチングしています。

 

私がコーチングしたい人

タイトルとURLをコピーしました