【30分無料カウンセリング受付中】オンライン英語コーチングの詳細はこちら 

単語の覚え方のコツ7選!初心者や大人に高校生でも使える方法まとめ

 

「単語の暗記が兎に角苦手」
「単語帳は1冊終わった事がない」
「やる気はあるのに、どうやって暗記すればいいのかわからない」

こんなお悩みはありませんか?


英語学習において、単語を覚えていく事はどうしても避けては通れない道ですよね。
しかも、地道な学習が必要なのでどうしても挫折しやすいんです。

今日は、初心者のための英語コーチERIが「英単語を覚えるハードルが少しでも下がるようなコツ」を7つお伝えしていきますね。

単語を見る頻度を増やす

英単語を覚えられるかどうかは、出会った頻度で決まります。
年に数回しか会わない人よりも、毎日会っている人のほうが覚えますよね。
中々覚えられない単語も、毎日出会う仕組みを作り、10回20回30回と出会ううちに覚えていきます。

覚えていない単語は「未だ出会う数が少ないんだな」と思いましょう。
最初は見知らぬ単語も、何度も繰り返し出会ううちに知り合いに、友人に、親友になっていきます。

単語を音から学ぶ

単語は目からだけでなく音も正確に覚えましょう。
単語帳には音源がついている教材も多いので、必ず活用しましょう。

また、声に出し真似をしましょう。何となく読めている気になっていても、実際に声に出してみるとアクセントやイントネーションが違う場合もあります。
覚えたい単語の発音は必ず確認し、実際に自分で声に出していきましょう。

単語を実際に使ってみる

実際に覚えた単語は使ってみましょう。
自分で例文を考えるのも良いですね。また、英会話で実際に覚えた単語を使ってみる事もお勧めです。覚えた単語はアウトプットする事でより記憶の定着に繋がります。

 

英単語でダジャレをつくる

ダジャレを作るのが得意な方は、英単語をダジャレで覚えたほうが記憶に残る場合もあります。

clergy (ˈklərjē)クルージー 聖職者 は『クレージーなclergy (ˈklərjē) 聖職者。』

accolade(ǽkəlèid)アコレイド 賞賛、賛美 は『ああ!これいい!と称賛』のようにつくってしまうのもお勧めです。

Googleの画像検索を利用する

日本語訳だけでは中々意味がつかめない語彙は、Google画像検索を使うことをお勧めします。
例えば、TOEICのPart1には「pedestrian」という単語がよく出てきます。Googleの画像検索で、「pedestrian」を調べてみると、結果はこの様に出てきます。

どうでしょう?

文字情報だけでなく、イメージが頭の中に残りませんか?

※Google画像検索における注意点。
語彙によっては、画像検索しても良い例が出てこない場合もあります。
ごく稀にですが、グロテスクな画像に出会ってしまう事もあるので、そのような単語を検索する際はご注意ください。

単語を覚えた24時間後に復習する

ご存知な方も多いかもしれません。
エビングハウスの忘却曲線によると、新しく覚えたことは、24時間経つと74%は忘れてしまうそうです。なので、次の日に同じ内容を復習するとより記憶に残りやすくなります。
また、同じ内容を1週間~2週間グルグル繰り返す方が記憶には残ります。

例えば、「1週間に100単語覚えよう!」となった時に

・月曜日 → 1~10単語
・火曜日 → 11~20単語
というよりは、
・月曜日 → 1~100単語
・火曜日 → 1~100単語
というように同じ1~100を数日繰り返した方が記憶の定着につながります。

英単語辞書の例文を活用する

Weblio(ウェブリオ)
英辞郎  などのネット上の辞書や
お手元に紙辞書、電子辞書があればそれらの例文を活用しましょう。

覚えたい単語を入力すると例文が沢山出てきます。
例文をいくつか読んでいく事も「どのようにその単語が使われているのか?」が分かるので、より脳内に映像としてイメージしやすくなります。

(番外編)単語を覚えたかどうかの判断は?

単語を見て、う~ん。。と1秒、2秒と考えてしまう段階ではまだ覚えたとは言い切れません。単語を聞いた時、見た時に瞬時にパッと意味が出てくる状態を目指しましょう。

例えばCatやAppleと聞いたら、英語が苦手な人でもネコやリンゴを思い浮かべる事が出来ると思うのです。

これは、今まで何度もCatやAppleという単語を目にし、聞いてきたからです。
これらの単語と同じくらい、「瞬時に言える、聞き取れる、イメージ出来る状態」それがその言葉をマスターした状態です。

覚えたい単語もパッと意味が出てくるまで何度も繰り返していきましょう。

(番外編2)単語学習にめげないために

「英単語を覚える事はそれなりに労力がかかる」と思っておきましょう。
そして最初から完璧を求めすぎない事。

「10回くらい出会っているはずなのに中々覚えられない単語
覚えたはずなのに、すっかり忘れていく単語」
私も単語の増やす事には中々苦戦してきました。

ただ、焦る必要はありません。
丁寧に、楽しく、地道に進めていきましょう。

何度も繰り返して行くうちに必ず覚える時が来ます。
1番大切なのは「やめないこと」です。

まとめ

今回は、初心者のための英語コーチERIが「単語の覚え方のコツ」を7つにまとめました。
おさらいとして、簡単にまとめておきますね。

①単語を見る頻度を増やす。
②単語を音から学ぶ。
③単語を実際に使う。
④英単語でダジャレを作る。
⑤Googleの画像検索を利用する。
⑥単語を覚えた24時間後に復習する。
⑦英単語辞書の例文を活用して覚える。

もうすでに取り入れている英単語の覚え方のコツはありましたでしょうか?
ちなみに、私がTOEICの点数を400点台から600点台にあげた時は、特に①と②を集中的に行いました。

「方法は分かったけれど、継続が難しい。」
「1人だとどんな単語帳が自分に合っているか分からない。」
そんな不安がある場合は、英語コーチングに頼ってみるという選択肢もあります。

自分に合った学習法が知りたい。
挫折を繰り返してきたけれど今度こそ英語力を身に着けたい。
英語コーチングのサポートを受けて伸ばしたい。
と思われた方は、まずは30分無料カウンセリングを活用ください。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  ERIのプロフィールはコチラ↓↓

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました