オンライン英語コーチング 12月スタート募集開始致しました。お気軽にお問合せください。

TOEICは意味がない?資格対策をしながら英語力もつけていくこと。

こんにちは!初心者のための英語コーチERI です。
今日は、クライアントさんから頂く質問や相談の中で、
最も多い「TOEICを受験する事に意味あるのか?」という事について
私の考えを書いていきたいなと思います。

TOEICって役に立つの?

TOEIC高得点でも話せない人が多い
TOEICの点数ばかり追っても意味が無い
TOEICって意味あるの? 役に立つの?

この様な内容をこれまで耳にすることが何度もありました。

頑張って勉強しているのに、周りに言われてしまって気持ちが沈んでしまった。という方も。

私自身は英語学習をスタートした時からTOEICを柱にして学習してきたので

役に立たないと思ったことは一度もありません。(むしろTOEICは好き)
TOEICが無かったら、学習を進める中、成長度合いが分からず、
どこを目指して勉強して良いか分からなくなっていたのでは?とも思います。

実際日本(韓国も)では就職や受験の際など、TOEICのスコアを英語力の目安にすることは多いです。

資格試験を上手に活用して英語力をあげる

理由はなんであれTOEICのスコアが必要で、また受験する本人にとって意味があれば、
役に立たないことなんてないですよね。
『TOEICなんて意味が無い』という周りの意見はあまり気にせず、
必要だと思う事を、やるべき事を淡々と進めていきましょう。

TOEICの点数が高くても話せない?

また、「TOEICが高得点でも話せない」という事についてですが

これはTOEICの試験の出題形式上スピーキングの必要が無いからです。(正式にはTOEICS&Wというスピーキングとライティングの試験もありますが、ここではL&Rのお話をしています)

TOEIC L&Rテストは聞く、読むスキルを測るテスト。
それだけで話す練習をしなければ、話せるようにはなりません。
話す、聞く、読む、書く。それぞれの技能を伸ばすにはそれぞれに合った方法でのトレーニングが必要です。

どの力を伸ばしたいか?によってどのトレーニングが必要かは変わります。

・兎に角点数を短期間で上げたい人
・英語力をあげつつ、TOEICはそのレベルを測るために受ける人

それぞれゴールが違えば、取り組む内容、量、時間、は変わってきます。

まとめ

TOEICと共に英語を習得してきた私としては、TOEICの点数を上げつつ、話すスキルを身に着けていく。

これは不可能ではないよ~!
むしろ一緒にやったらいいよ~!と言いたい!

TOEICの教材をただ問題集を解いて、〇×つけて終わりにしていたら
本当にもったいない。

TOEICに使用されるフレーズは無駄がなく、まるっと覚えてしまえば、日常会話やビジネスにだって応用できる内容です。

音読や瞬間英作文、暗唱、シャドーイング、ディクテーション、色々なトレーニングを駆使して

問題集1冊ボロボロになるまで繰り返してほしいな~と思っています。

 

「私にはどんな問題集が良いですか?」
「今の私に必要なトレーニングは何ですか?」
「この勉強方法で力はつきますか?」
「あと3か月でTOEIC 100点上げないといけないんです~!どうしたら?」

この様なお悩みを持った方や、自分に合った学習法が知りたい。
挫折を繰り返してきたけれど今度こそ英語力を身に着けたい。
英語コーチングのサポートを受けて伸ばしたい。
と思われた方は、まずは30分無料相談を活用ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

英語コーチERIのプロフィールはコチラ↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました