オンライン英語コーチング 10月スタート残り1名様。11月スタートの募集もしております。お気軽にお問合せください。

英語コーチになるまでのお話 まとめ

英語コーチになるまで

こんにちは!初心者むけの英語コーチをしております。ERIです。

今回は私の歩んできた英語学習歴、仕事歴について

ゆるゆると書いていきます。どなたかのヒントになれば嬉しいです。

英語コーチになるまで その1

私は今でこそ英語コーチというお仕事をしていますが、

10年前は全く英語が出来なかったですし、今と全く違う仕事をしていました。

英語を話せることへの憧れ、英語を使って仕事をする事への憧れは持ち続けていたので

仕事をしながら翻訳の学校にも通った事がありますし、英会話にも通ってましたし、

どうにかこうにか英語とのつながりを持ち続けようとは努力していました。

でも全く伸びなかったんですよ。多分TOEICで言うと400~500点ぐらいでフラフラしてました。

仕事の電話やメールも海外とのやり取りがあったのですが、勢いで乗り切ってまあまあ適当だったなと今思います。(本当にごめんなさい)

社内で実施されるTOEICテストには参加し、英語のテキストだって大量に持っていたし、

それなのに全然伸びない。

そりゃそうだ、だって勉強しなかったんだから。

そんなこんなを繰り返す事数年、

その間に結婚したり、子どもを産んだり、夫の転勤があったりと

ライフスタイルがぐるぐる変わりました。

英語に対してエンジンがかかり始めたのは、息子の出産後。

こんなに時間があるのは、もしかしたら今だけかもしれない、

育休中に出来る事をしよう!と

焦りも正直ありました、私に戻る席は無いかもしれない。

あとは、よいキャリアチェンジの機会だとも思っていました。

子どもを産むまで営業をバリバリしていましたが、子どもを育てながら営業をする想像が出来なかった。

当時の職場は人や仕事内容にとても恵まれていましたが、自分の理想とする仕事像とはちょっと違ったんです。

だから変えるなら今しかないかもと。空いた時間はほぼ英語に費やしました。

息子9か月の時、授乳の時間も3時間に空いてきて、これならTOEICを受けに行ける!と

ワクワクしたのを覚えています。

結果TOEIC715点。産後だし、頭ぼーっとしているし(産後は本当に脳みそが動かなかった)

またまた500点前後かな~、と思って受けたら700点超えていたんです。

なんだかそこから面白くなってしまって、

そこから私の英語道が本格的にスタートしたのでした。

英語コーチになるまで その2

最大瞬間風速が吹いて、産後ラッキーと言うべきか

いきなり700を超えたので、

気を良くした私は更に英語にのめりこみます。

家ではずっと何かしら英語が流れていたし、寸暇を惜しんで勉強をしてました。

 

ただ、細々と1人で勉強を続けるのは何となく辛いな~仲間が欲しいな~とも思っていました。

今はSNSや学習管理アプリが沢山あって、同じ目標を持った人同士繋がりやすくなりましたよね。

オンラインで英会話も出来るし、誰かと一緒に頑張れる仕組みが今はだいぶ整っているなと感じます。

いや~あの時は孤独に勉強していたな。息子に向かって音読とかしてました。

ただ、

もの凄くラッキーだったのは、

当時住んでいた場所に沢山の外国人のママが住んでいた事です。

話す場が欲しい!と思っていたので町に外国の方を見つけると無謀にも話かけにいってました。
子どもがいるから英会話の学校にも通えないし、今みたいにオンラインで学べなかったし。
機会は自分で作るしかなかったのです。

思い切って声をかけて友達になりました。

その後プレイグループに招待されたり、毎日公園に一緒に遊びに行って、少なからずアウトプットする場があったのです。

出来ない話せない自分に定期的に出会うので、良い刺激にもなりました。

当時全然しゃべれない私に付き合ってくれた友人には感謝しかありません。

 

また、子ども向けの英語講師の養成学校にも通いました。

その時、英語の先生になりたい!という明確な目標は無かったのですが、

とにかく何でもつながりそうな事はやってみよう精神だったんです。

3か月、毎日朝9時から3時まで、ママの就労支援をしてくれる学校だったので保育付き。

 

問題は、「子連れ通学」

息子がまだ2歳。超イヤイヤ期。学校までは電車で30分。

毎朝満員電車を耐えられるのか?

ベビーカーでいくの?エルゴ(抱っこ紐)でいくの?私の体力は持つの?

今までべったりだった息子は保育園に行けるのか?

先を想像すれば想像するほど、電車内で泣きわめく息子が想像出来て怖気づく私。

そして家事との両立は?ただでさえ育児だけで精一杯なのに。夫はOKをくれるのか?

とまあ、出来ない理由は簡単に出てくるわけです。

 

まずは夫に相談しよう。なんと言われるかな、と恐る恐る相談したら

「いいじゃんやってみたら?てか止めてもどうせあなたはやるでしょう?」と

あっけらかんと言われたのでした。

お??

(無理かもしれないと思い込んでいたのは私だったんだな

誰かにやってみなよと言われたかったんだな、と当時を振り返るとそう思います)

専業主婦で、無職で、自分のために時間やお金を使う事に若干引け目を感じていたのもあります。

最近、どうしてあの時 快諾してくれたのか?夫に聞いてみたら

「毎日英語の勉強を(鬼の形相で笑)頑張っているのを見ていたから」だそうで、

近くにいる人は、なんだかんだ見ていてくれるものなんだなと思うのでした。

 

 

朝8時の満員電車は大変でした。

子連れ通学に、世間の目が冷たく感じてしまう事もありました。

スーツを着たビジネスマンが多い中に
抱っこ紐にでかいリュック(課題が沢山なので)を背負った私はかなり異質だったろうなと。

それでも3か月通いきれたのは、応援してくれた家族や、

その学校に同じ志を持って通っていたクラスメイトの存在のお陰でした。

 

もう6年も前の事ですが、あの時通う事を選んでいなかったら

英語を教える、コーチするという仕事は選んでいなかったかもしれないなと思います。

 

学校を卒業後は運よく幼稚園で子どもたちに英語を教える仕事に就く事が出来ました。

(当時の英語力は確かTOEIC800点台、なんだかんだTOEICは好きで定期的に受けてました)

英語コーチになるまで その3

はい!つづきます~!!!

子ども向けの英語講師の養成学校を卒業した後は、

幼稚園で英語を教えたり、親子向けの英語レッスンをスタートしたり、

英会話教室で非常勤で働いていました。

念願の英語を使う仕事に就けている。

でも英語を教える仕事ってメインは15時以降なんです。

生徒さんは英会話学校に通うとなると、学校や仕事が終わった後になる。

となると必然的に英語講師の仕事って夕方から夜。

 

これまた、理想としたライフスタイルとは程遠いな~どうするかな~と

もやもや悩んでいるところ。

 

きました!夫の転勤!(そうであった、我々は転勤族であった~!)

 

仕事時間以外はお気に入りだった英語講師という仕事も、結局辞めざるを得なくなりました。

私のキャリアってこのまま中途半端に進むのだろうか・・また悶々期突入です。

 

バタバタと引っ越しや子どもの学校の手続きを終えて落ち着いたころ、

また私は一から仕事探しをスタートしたのでした。

そんな時出会ったのが英語のコーチングのお仕事です。

家で仕事が出来る。つまり転勤族でもキャリアが分断されない。
英語力が活かせる。つまり今までの勉強してきた経験がそのまま活かせる。
時間も比較的自由。つまり子どもや家族との時間は死守できる。

なにこれ新しい働き方~!

コーチってなに?コーチングってなに?よくわからないけど、まあ兎に角やってみよう!

と、勢いで応募し運よく採用頂けて、今に至ります。

サクッと書いてしまったけれど、面接とか研修とか

久しぶりの社会復帰に脳みそに汗をかきまくりでした。(この辺の話は需要あるのかしら?)

 

その後、多くのクライアントさんに出会う中で、英語力、コーチング力ともに

学び続けたい、更に力をつけたいという思いが大きくなりました。

 

勿論今の会社でも沢山学ばせて頂いていますが、

更にコーチングについて深めたい

そう思って門を叩いたのがトラストコーチングスクールでした。

あれよあれよと認定コーチになりました。

 

ちょっと宣伝になってしまうけれど(でもお勧めだから書いておく)

数あるコーチングスクールの中でどうしてトラストコーチングスクールだったのか?

①オンラインで受けられる

②短期集中・低価格で学べる

③資格を取ったあとに学び続ける環境が整っている

認定コーチだけが学べるイーカレッジというものがあります

④ビジネスだけでなく、教育現場や医療現場へのコーチング普及に力を入れている

⑤何よりまず人との信頼関係に重きを置いている
(コーチングの技術やコミュニケーション方法を学ぶのではなく、それが出来るような心の土台作りに重きを置いている。という所もいいな!と思ったんです。)

 

英語もコーチングも終わりなき学問なんですよね。

 

目指す所が見えたと思ったら、その先が永遠にある。

なので、学ぶ場が資格を取った後も整っている。
学び続けたい、スキルを磨き続けたいと志が高いコーチが沢山集まっている。
という所も結構大切なポイントでした。

 

英語コーチになるまで その4

 

ここまで読んでくれているあなた!

本当にありがとうございます!!

ダラダラ書いててすみません!もう終わります!!

 

今まで英語コーチになるまでの経緯を書いてきました。

なんやかんやありましたが、英語コーチとしては3年目になり、

担当させて頂いたクライアントさんは130名以上になりました。

(※只今5年目となりました。有難い事です^^)

沢山の方の英語学習をサポートさせて頂きました。感謝しかないです。

大好きな仕事になりました。

 

もし当時の私のように、英語力を身につけて何かしら仕事にしたい。

と、もがいている人がいるならば、

英語を学び続けていれば、英語力を上げつつ、そのレベルに合った仕事をしつつ、

キャリアパスしていく事もできるよ~!という事。

 

とにもかくにも、いっしょに日々英語がんばろう!!という事をお伝えしたかったのと。

 

今すぐにやりたい事が分からなくても、

1ミリだってジリジリと前に進みながら、試しながら進むことだってできるよ~!

をお伝えしたかったのです。

 

経験が無いから、ブランクがあるから、力がまだ足りないから、もう若くないから、

いろんな壁は出てくるけれど、突き進む勇気を持ってほしいな。と思っています。

 

どうにもこうにも行き詰ってしまった、という時は是非コーチに頼ってみてください。

もしくは「コーチングを学ぶ」という事も選択肢にしてみてください。

今とは全く違った視点で物事を捉えなおし出来る様になるかもしれません。

 

 

もし、もうすでに英語コーチになりたい!と思っている人がいるならば、

コーチのなり方、在り方、働き方もお伝えしていきたいですし

もうすでに英語を教える仕事や英語コーチとして活躍されている方ならば、

日本の英語力をさらに底上げするために是非一緒に活動したい!と思っています。

 

 

私が英語とコーチングで実現したい未来は

本当にやりたかったこと、好きなことに、自分も周りの人も犠牲にする事なく

打ち込めるようになる人が増える事。

「コーチをつける、コーチングを学ぶ事」がもっと気軽にできる世の中になることで、

本当は・・・と奥にしまっている想いを素直に出せる場所や人が増えたり、

間違いや失敗を恐れず、自分や大切な人を応援し、共に挑戦出来る人が

ひとりでも増える事。

そんな想いでコーチとして活動しています。

 

長くなりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました^^

 

コーチERIのプロフィールはこちら

↓↓

英語コーチ ERI プロフィール

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました